胸にシリコンバッグを入れましたが、トラブルに遭いました

シリコンバッグを入れるべきではなかった

手術をするべきではなかったと後悔 / シリコンバッグを入れるべきではなかった / 病院ではリスクの説明がほとんどなかった

それに形が不自然なので、水着を着ることも難しくて、ファッションも大胆な服装をする事が出来なくなってしまいました。
胸が小さい頃には悩まなかった事も悩むようになってしまい、会社の健康診断をうける時にも躊躇してしまう事が多くなったのです。
健康診断では胸の検査も行うので、シリコンバッグがバレてしまうのではないかと内心焦る事が多くなりました。
乳がんの検診も触診をされるとバレてしまうので、受けることが出来なくなったのは残念です。
検診を受けることが出来ないので、自分の健康状態を管理することが難しくなったので、大変でした。
胸の悩みで毎日考え込むことが多くなるので、友人からの誘いも断ってしまうことが多く、遊びに行く回数も減ってしまいました。
今までは彼氏とのデートも楽しかったのですが、彼氏とのデート回数も減ってきたので、孤独感が強くなってしまいました。
一人の時間が多くなると家族も心配して話しかけてきてくれましたが、家族にも打ち上げることができなかったので一人で辛い気持ちを抱えていたのです。
誰にも相談できない事がこんなに辛いとは今まで味わった事のない経験でしたので、今後の人生についても考えるようになりました。
段々と暗い気持ちになってきてしまい、こんなにトラブルが多いのならシリコンバッグを入れるべきではなかったと感じるようになりました。